中山ホール
1中山ホール

タクシーご利用(約5分)

原産地


彼は孫文の100周年を記念して大統領蒋介石たときに建設中山ホールは、他の受信大使は、そのための根拠がある場合には、正式な集会、お祝いをするのを楽しみに中華民国政府の中国文化を運ぶ、そして人々は国際中国文化を鑑賞できるようにすることですエッセンス。 [3]
ベースアドレス


1935年に日本統治下の領域中山学校の場所の山の林床草古い台湾、台湾の政府の初めの第四十周年は、現在の講堂の代わりに提供されエキスポグラッシー支店(グラッシーツーリストホール)を覚えています。財団は硬い岩であるため、工事の始まりは、軟泥土は硫黄と混合し、地形や地質拡張、増加に応じて、各の主柱の設計で建築家は、それが深い土壌硫黄以下に、最も以上12メートルすることができますしてください。列と列の拠点を注ぐ硫黄土壌浸食の建物、熱いアスファルトを防止し、次にアルミ箔フェルト、孤立した硫黄ガスでコーティングされます。中山ホールはまた、硫黄口は地熱を低減するために使用日本の植民地時代グラッシースプリングスパ、ちょうど表彰台の下に位置する会議室、早期の供給近くの温泉ホテルで、これまでに構築された硫黄の口をカバーする唯一の世界ですパイプラインに沿って地熱放電するように、表彰台の下にダースドリルパイプのルートを配置します。
特性


メインの建物の白い壁をShanding danyan山によって構築された指向の中国の宮殿建築様式、緑釉タイル屋根、赤いひさし付き、屋根マイニングと建物全体。中国孫文の共和国は、建物の出生100周年を記念してあるので、そうのようなデザインと装飾の多くの縁起の良い要素の統合:長寿はBaishouブリッジ、ロゴFukランプ、バットボックスのドアを繰り返します。建築照明部分は、内側と外側の周り提灯の最大48の異なる形状があります。内装、ヨーロッパ浩、マンハッタンハングした、パイ、Jiangzhaoシェン、王荘、ケイ康の書道や絵画があります。

(02)2861-6391

閉じる

草山行馆
2草山行馆

タクシーご利用(約10分)

「草山」は山だけではなく、台湾北部の大屯山、七星山、紗帽山による構成される山間地帯を総称したものである。草山行館は元々台湾が日本統治時代の製糖会社が所有した招待所で、歴史のある建物あです。民国38年に国民政府が台湾に移転し、草山行館は当時蒋介石元総統の官邸になり、随行員も周りの建物で共に住んでいた。民国39年に士林官邸を建てられ、蒋介石総統と蒋介石夫人宋美齢さんと共に士林官邸に移住した。その後、草山行館は夏の別荘または招待所として保存されてきた。


民国91年10月21日、台北市古跡審査委員会に古跡認定され、「草山行館」と名付けられた。更に、台北市政府文化局が草山行館を文芸サロンに変身し、草山文芸活動の主な拠点になった。草山行館は4275平方メートル地を占め、建築面積は584平方メートルである。主行館は1920年代に木材と石材を組み合わせた典型的な日本式建築と石造建築であり、豊かな時代的特色を示していた。主行館内部はロビー、会見室、書房、寝室、主寝室、居間、客室、台所、内庭、ベランダなどから組み立てた空間計画である。門前にある百年も生きる相思樹と楓樹は柔らかに歳月を語るように見える。周りの環境は清幽快適で、重要な戦略の拠点にあり、基隆河と淡水河の合流点が美しく目の前に広がり。関渡平原、社子島、観音山など、珍しい風景を人々の目に映している。


民国97年4月7日未明、草山行館が火災で大抵全焼した。台北市政府文化局が草山行館の建築物本体の空間、雰囲気と歴史イメージを再現するために昔の工法を真似て行館を修繕しており、更に、空間機能の再定位により、陽明山の歴史文化の資源と自然と娯楽産業を結ぶ、活動場所として再活用する。草山行館は新しい命が注がれる空間になり、人間に近距離で文芸と対話できる場所を目指し、自然生態、人文歴史と芸術を融け込む美学領域になれるように努力していく。

 

展覧開放時間:
火曜日~日曜日 9:00-16:00

レストラン営業時間:
火曜日~日曜日 
昼飯11:30-13:30 / 
ティーブレイク 14:30-17:00 / 
晩ご飯17:00-19:00

 

http://www.grassmountainchateau.com.tw/_jp/00index/index.html

 

閉じる

3

ホテルは国立公園内にあります

陽明山(ようめいさん)は中華民国(台湾)台北市郊外に位置する山。陽明山国家公園に含まれ現在は風景区・温泉として観光開発が進められている。旧称は草山と称されたが、1950年に当時の中華民国総統、蒋介石により現在の名称に改名された。なお「陽明」という名は明代の学者、王陽明にちなんでいる。

陽明山は大屯山や七星山など複数の火山から形成される地域で、噴火口やカルデラなどの奇観を目にする事ができる。北投から金山にかけてのラインには断層が走り、そこから数多くの温泉が沸いている。標高の高い箇所では、亜熱帯に属しながらも冬季になるとごくまれに積雪が観測される事もある。陽明山が雪化粧した姿を「屯山積雪」と称し淡北八景の一つとされている。

陽明山中腹は台湾別荘地として開発され、また週末には夜景を楽しむ観光客でにぎわっている。

 

大屯火山群を主とする火山による景観が陽明山国家公園の特色である。公園中には一般に開放される小油坑遊憩区、冷水坑地区、大屯遊憩区、二子坪遊憩区、擎天崗地区、陽明書屋、林語堂故居、龍鳳谷硫磺谷遊憩区、および学術研究者にのみ開放される生態保護区として鹿角坑保護区、夢幻湖保護区がある。

  • 小油坑遊憩区:海抜約805メートルにある中央部の窪みから一年中蒸気が噴出している。七星山の北西麓に位置し七星山歩道の登山口となっている。
  • 冷水坑地区:陽明山国家公園の他の温泉に比べて低温である40℃の湯が湧出することから冷水坑を中心とする地区。湧出水に硫黄分20~40%を含有する台湾唯一の沉澱硫磺礦床であり、池水は乳白色を呈する。付近の海抜約860メートルにある夢幻湖生態保護区内の湖には、台湾固有の水生蕨類である台灣水韭が群生し、一般の立ち入りが制限されている。
  • 大屯遊憩区:大屯群峰、面天山、向天山、菜公坑山等を含む地区。海抜は約800メートルで、観光センターでは「藍染」産業を紹介している。大屯自然公園と称されることもある。
  • 二子坪遊憩区:二子坪は火山活動により形成された凹地であり、大屯主峰と二子山の間に位置する。地形の関係でしばしば霧が発生することでが知られる。地区内の1,700メートルの歩道は自転車の乗り入れが禁止されている。
  • 擎天崗地区:以前は大規模な牧場が設置され、日本統治時代は大嶺牧場と称されていた。現在は僅かに牛が放牧されている。附近には魚路古道、和石梯嶺登山歩道、落差20メートルの絹絲瀑布がある。
  • 陽明書屋:1969年に建設された陽明山国家公園の主要な建築物・人文史蹟である。敷地面積は15ヘクタール。元来は蒋介石の別邸であり「中興賓館」とも称されたが、1975年に「陽明書屋」と改称、1997年には国家公園に寄付され、1998年から一般開放されている。

園内の海抜200~1000メートルの地域114.55平方メートルは、亜熱帯・温帯気候区に属し、まれに降雪が観測される。積雪した風景は屯山積雪と呼ばれ、淡水八景の一つに数えられている。

 

からのリソースhttps://ja.wikipedia.org/wiki/陽明山

http://japanese.ymsnp.gov.tw

閉じる

国立故宮博物院
4国立故宮博物院

タクシーご利用(約30分)

国立故宮博物院(こくりつこきゅうはくぶついん)は、中華民国の台北市にある博物館である。この博物館は、中華民国の国立博物館のうちの1つであり、最大のもので、696,000個以上の古代の中国の人工品および美術品を所蔵している。ほとんどの収集物は中国の古代の皇帝によって集められた高品質なものである。

 

からのリソースhttps://ja.wikipedia.org/wiki/国立故宮博物院

https://www.npm.gov.tw/ja/

閉じる

5

タクシーご利用(約30分)

夜市の名が示すように夕方になると常設店舗の前などの路上に小吃と呼ばれる飲食物や衣料品、生活雑貨、遊戯などの様々な屋台が所狭しと出店し、多くの来客で賑わう。日本人観光客も多く訪れることから、多くの店では日本語が通じ、日本語のメニューも用意してある。

 

元々このエリアは、基隆河を介して艋舺や大稻埕へ士林近辺の農産物を輸送する交易の場として栄えていた。最初は媽祖を祀った「慈諴宮」の門前の広場に夜市が立っていたが、日本統治時代の1909年に「士林市場」が作られると従来の夜市のエリアに加え、市場の場外にも夜市が展開するようになった。

 

士林市場は、1909年開場の施設の老朽化による衛生上・安全上の問題があったため、台北市政府は大規模改修をするため、2002年10月14日に同市場を閉鎖し、代替施設として剣潭駅前に「士林臨時市場」が設置された。臨時市場は2002年11月25日に営業開始し、士林市場にあった飲食店の多くが臨時市場に移転した。

 

2011年12月25日に、従来の士林市場を改修・拡大した「新士林市場」が開業し、昔ながらの雰囲気をそのままに、安全で衛生的な環境で食べ歩きやショッピングが楽しめるようになった。

 

新士林市場の地上階は、ショッピングエリアになっていて、多くの土産物店が軒を連ねている。夜市の楽しみの一つでもあるゲームコーナーも、地上階に点在している。地下は屋台が集中する美食街となっていて、冷房も完備されている。

からのリソースhttps://ja.wikipedia.org/wiki/士林夜市

閉じる